支払いの滞っている顧客に対する督促の行為は、法律の範囲内と決められています。
取り立てと言うダークなイメージからか、督促に関する決まりごとは特に厳しいようです。
特に大手の消費者金融では、コンプライアンスを厳しく管理していますから
ドアに張り紙がべたべた、とかドアを蹴られたりたたかれたり、とか
ilm01_ac02014-s近所に丸聞こえになってしまうような大声で騒がれる、
といったような絵にかいたような取り立て行為は
一切行われることはありません。

守秘義務に関しても、消費者金融にかかわらずクレジット会社等も同様で、
督促の電話に対して、家族が
「了承していますからちゃんと話してください」などと言ったところで、
かたくなに「ご本人様以外にはお話しできません」と言われるだけです。
万一法律に触れるような行為をしようものなら、
今時、金融に関する知識の豊富な顧客に訴えられてしまうでしょう。
実際に話をテープに録られており、
言葉尻を拾ってクレームをつけられるといったようなケースも
まったくないわけではありません。
借りたお金は返す、という常識の範疇で、どうか遅れている支払いをお願いします、と
伝えるのみの督促、という事になります。
ですからいつまでも電話もくれない、というのはかなり辛いところです。