銀行や消費者金融などの金融機関で、
使途目的を定めずしてお金を借りる場合の審査は、
小口金融が中心となるために、
比較的緩い審査でお金を借りられることになります。


その審査においては、信用情報機関に保管されている
借入状況や事故歴などが参照されることになります。


これまで一度もコーンを組んだことがなく、
また、キャッシングやクレジットカードをもったことがなければ、
この信用情報機関には何のデータも存在していません。

この信用情報機関のデータによって、
そもそも借りられるかどうかが決定され、さらに借りられるとして、
その額をいくらにするかを決定する大切な指標となります。


もっともはじめてローンやキャッシングを申し込む場合には、
信用情報機関にデータがないために、正確な与信判定ができません。

したがって、銀行や消費者金融業者が
社内で決めた規約通りの基準額が割り当てられることになりますが、
その場合に参照されるのが個人属性です。


これには、企業名、役職、公的保険の種類、戸建か賃貸か、
就業年数などのデータが含まれています。

ilm01_bb01007-s
この個人の属性データによって、
客観的一般的な判断が下されることになります。

借入額も属性によって左右されてくるのです。