キャッシングを比較するときの基準とはなにか

2013年05月

そのほかにも、ブラックカードには、最高のクレジットカードにふさわしい特典が待っております。
それは、無料コンパニオンシートというものです。
これはあまりきいたことがないサービスですが、どのようなサービスなのでしょうか。
クレジットカードで普通の航空券を購入すると、もう1枚チケットがついてくるというものです。

下世話な言い方をすれば、テレビショッピングで「補聴器を買ったらもう1個つけますので、
これで両耳につけられます」というようなものです。
もちろん、補聴器と航空券では格が違いますが。

誰か一緒に飛行機に乗る人がいれば、とてもうれしいサービスですね。
また、空港でのサービスも、ブラックカードならではのサービスです。
通常、サービスというと、とにかくゴージャスというような待遇を期待してしまいがちです。
しかし、このようなカードを持つ人間が気にするのは、何よりも快適性です。
通常、航空会社でファーストクラスなどに乗ると、航空会社のラウンジになります。

もちろんここも快適ですが、他の乗客もいます。
見られている感じがしてくつろげない、という方もいます。
その点、ブラックカードを持っていれば、ラウンジのVIPルームに案内されます。
ここはゴージャスというよりも、セキュリティ面でとても安心なところです。
いくら豪華な乗り合いバスでも、他人がいる以上安心はできません。
それよりも自家用車の方が安心できる、という論理です。

支払いの滞っている顧客に対する督促の行為は、法律の範囲内と決められています。
取り立てと言うダークなイメージからか、督促に関する決まりごとは特に厳しいようです。
特に大手の消費者金融では、コンプライアンスを厳しく管理していますから
ドアに張り紙がべたべた、とかドアを蹴られたりたたかれたり、とか
ilm01_ac02014-s近所に丸聞こえになってしまうような大声で騒がれる、
といったような絵にかいたような取り立て行為は
一切行われることはありません。

守秘義務に関しても、消費者金融にかかわらずクレジット会社等も同様で、
督促の電話に対して、家族が
「了承していますからちゃんと話してください」などと言ったところで、
かたくなに「ご本人様以外にはお話しできません」と言われるだけです。
万一法律に触れるような行為をしようものなら、
今時、金融に関する知識の豊富な顧客に訴えられてしまうでしょう。
実際に話をテープに録られており、
言葉尻を拾ってクレームをつけられるといったようなケースも
まったくないわけではありません。
借りたお金は返す、という常識の範疇で、どうか遅れている支払いをお願いします、と
伝えるのみの督促、という事になります。
ですからいつまでも電話もくれない、というのはかなり辛いところです。

クレジットカード機能のあるufjカードは
ATMの利用手数料が無料など特典も豊富。


メインバンクプラスの利用があれば、
更にオトクな特典がたくさん用意されています。

メインバンクプラスの条件は簡単にクリアーできるものばかりなので、
ufjをメインバンクとして利用していれば、
自然にメインバンクプラスの特典を教授することができます。

ポイントプログラムなどの優遇も多くお得になっています。

ufjのクレジットカードはキャッシング機能も充実しています。

生体認証の登録をしておくと
更に安全で安心な特典も用意されているので、是非活用しましょう。

ufjのクレジットカードのキャッシングサービスは、
利用方法も簡単で返済方法も多様です。


キャッシングの利用可能枠内で何度でも利用可能なので、
必要なときに必要なお金を用意することができます。

支払いは一括払いとリボルビング払いを選択できるので、
月々の返済も無理のない計画的なものができます。


国内でのキャッシングはufjのATMの他、
提携している金融機関やコンビニエンスストアーで
キャッシングサービスを利用できます。

海外でも提携している金融機関のATMなどから
現地通貨のキャッシングを利用できます。

安心と便利を両立させたufjのクレジットカード、
キャッシング機能も充実で使いやすい一枚になっています。

銀行や消費者金融などの金融機関で、
使途目的を定めずしてお金を借りる場合の審査は、
小口金融が中心となるために、
比較的緩い審査でお金を借りられることになります。


その審査においては、信用情報機関に保管されている
借入状況や事故歴などが参照されることになります。


これまで一度もコーンを組んだことがなく、
また、キャッシングやクレジットカードをもったことがなければ、
この信用情報機関には何のデータも存在していません。

この信用情報機関のデータによって、
そもそも借りられるかどうかが決定され、さらに借りられるとして、
その額をいくらにするかを決定する大切な指標となります。


もっともはじめてローンやキャッシングを申し込む場合には、
信用情報機関にデータがないために、正確な与信判定ができません。

したがって、銀行や消費者金融業者が
社内で決めた規約通りの基準額が割り当てられることになりますが、
その場合に参照されるのが個人属性です。


これには、企業名、役職、公的保険の種類、戸建か賃貸か、
就業年数などのデータが含まれています。

ilm01_bb01007-s
この個人の属性データによって、
客観的一般的な判断が下されることになります。

借入額も属性によって左右されてくるのです。

このページのトップヘ