キャッシングを比較するときの基準とはなにか

2012年12月

ilm2007_02_0217-sキャッシングをする時には、まず考えるのが安全性です。
お金を借りるということを行いますので、
安全性がしっかりとしているところでなければ、
なかなかお金を借りたいということは考えないものです。
安全性にもいろいろとあるのですが、
特に注目したいのがプライバシー関連です。

家族や職場にお金を借りているということを知られたくない
という方がほとんどです。
また、それだけではありません。

他の貸金業者に借金をしているとばれますと、
借金関連のダイレクトメールが家に届いてくるかもしれません。

そういったことはやはりマイナスですので、
とにかく情報関連の安全性は注目していかなければいけません。
そこでチェックしたいのが、エフォートキャッシングです。
エフォートキャッシングの安全性とはどうなっているのかといえば、
家族や会社であってもきちんと安全性を確保してくれています。

会社名を名乗って電話をかけるということもありません。
家族や会社に借金の内容を話すということもしていないと確約してくれています。
ですので、
非常に安全性の高い業者になっているということがよくわかるのではないでしょうか。

とてもお勧めな存在になっていますので、
利用するところとしてはかなりお勧めな可能性は高いです。

ファイナンスリースという言葉を聞いたことがあるでしょうか。
ものは買うだけではなく、リースするということだってあります。
通常のレンタルなどとは違うので気をつけてほしいと思います。
ファイナンスリースの特徴を知っておいたほうがいいでしょう。
借り手の希望する物件をリース会社が購入して、
長期間、借り手側に貸し出すということ。

これだけを見ると、所有者はリース会社だから、
固定資産税などはリース会社持ちに見えますが、
物件に対するコストはすべて借り手側がリース料で負担するんです。

また、原則、リース期間中に契約解除はできません。
どうしてもリース期間中に契約解除したい場合は、
残りの期間に発生するリース料や違約金を一括で支払う必要が出てしまいます。

ファイナンスリースとレンタルとの違いは何かというと、
通常のレンタルの場合は、
すでにレンタル会社が所有しているものから選ぶのですが、
ファイナンスリースの場合は利用者側が必要なものを
自由に選べるということでしょう。

ですから、レンタルとは違ってファイナンスリースの場合は
比較的長期間利用することになるんです。
リース期間が終了した後の所有権はリース会社ですから、
返却するか延長して再リース料を支払わなければなりません。

このページのトップヘ