総量規制とは、年収の3分の1までしか借り入れできない決まりのことです。
借りすぎを防ぐために制定されたのです。
従来は、年収200万円の方で100万円の借り入れが可能でした。
しかし、現在だと60万円くらいしか借り入れできないのです。
総量規制は、ほとんどのローンに適用されますが、
銀行や信用金庫のローンには未適用となります。
ufj銀行のカードローンも同様です。
年収200万円の方が、100万円を借り入れることも可能なのです。

ただ、総量規制の範囲内の金額だから、
100%借り入れできるとは限りません。
金融機関側の審査もあるからです。
総量規制が未適用でも、他社ローンを滞納していれば、
希望額を借り入れることは難しいわけです。

ローンの滞納は、審査に最も影響するので注意してください。
ちなみに、「○○銀行系ローン」は、総量規制の適用となります。
これは、銀行のローンとは違うのです。
簡単にいえば、消費者金融のローンなのです。
通常の消費者金融との違いは、
銀行がバックボーンになっていることです。
しかし、銀行ローンとは違いますから、総量規制の対象となります。
年収の3分の1を超えて借り入れしたい方は、
銀行ローンの利用をおすすめします。
金利においても、消費者金融よりも低いです。