キャッシングを比較するときの基準とはなにか

人間が生活していく上でお金は切っても切れないものです。
お金はいくらあっても困らないものであり、
お金を目的として人生を送っている人がいるぐらい重要なものです。
一方でお金のために苦しい思いをしている人も多数います。
お金のために苦しい思いをしている人の多くが借金です。

借金と言っても色々な種類があり、
車やマンションを数十年かけて購入するローンや
現金をそのまま借りるキャッシングローンなどもあります。
後者のキャッシングローンは現在非常に問題となっています。
現在クレジットカードは多くの企業が展開し、身近なものになっています。
このクレジットカードではキャッシングも可能となり、

簡単にお金を借りることができます。
ここに落とし穴があります。
1つのクレジットカードで限度額を超えると
別の会社でカードを作りまたお金を借ります。
ここで多重債務が生じます。

多重債務となると多くの人が支払い能力が無くなり自己破産に陥ります。
しかしながら多重債務でも借りれるを
謳い文句にした闇金融業者も多数存在します。
自己破産をどうしても避けたい人達は
この多重債務でも借りれる闇金融に手を出してしまいます。
闇金融は非常に法外な金利で貸付け、

いつまでも金利のみを払い続けるスパイラルに陥ります。
そのため、闇金融に手を出す前に法律家に相談する事が必要となります。

主婦にとってキャッシングとは、生活の補填の手段であることがあります。
ですから、非常に大事なことなのです。
しかし、規制によって主婦に収入がない場合は、
養っている夫の許可がいることになりました。

ですから、気軽にキャッシングができなくなるわけです。
しかし、許可さえ取れば別に自由にキャッシングできるわけですから、
後ろめたいことが無い限りは別に大した問題ではないでしょう。

まずは、借りる所を決めておくと良いでしょう。
事前に借りようと思っているところをいくつかリストアップしておくと良いでしょう。

できることなら、
少し借りてカードを作っておくといざと言うときに色々と手間を省くことができるのでお勧めです。
色々と規制がなされましたが、
基本的には手順を踏めばそれほど大したことではありません。
キチンと返済計画を立てて、借りればそれほど困ることもありません。

また、最近ではインターネットからキャッシングの申込みができるところもあるので、
チェックしておくと良いでしょう。
色々と最新情報を得るなら、やはりインターネットが一番です。
金融機関、消費者金融の情報を集めているサイトがありますので、
定期的に覗いておくと後々役に立つことでしょう。

キャッシングを利用するには、
原則として20歳以上で収入がある人が条件です。
収入源はなんでも構わず
雇用形態が正社員でもアルバイトでも
借入れを利用することは可能です。

キャッシングを利用する
という事は利息を付けて返済する必要がありますので、
収入がなくては返済能力がないとされて
融資してもらうことはできません。

また、2010年に貸金業法が改正されたことで
総量規制が設けられました。
総量規制とは、
年収の3分の1までしか
借入れできなくなった制限です(銀行は除く)

つまり年収が500万円の人なら、
約160万円までの借入れしかできなくなった
という事になります。
基本的に無職であると借入れはできませんが、
総量規制によって無職の人は
100%借入れができない状態になりました。
となると困るのは専業主婦でしょう。

今まで専業主婦が借入れをしているケースも
決して少なくはありませんでした。
また専業主婦ではなくてパートで収入を得ていても、
ilm16_aa02059-s例えば年収が100万程度なら
約30万円ほどまでしか借り入れできません。
しかし、収入が少ない主婦でも
総量規制を乗り切る方法があります


それは「配偶者貸付」を利用することです
夫に黙って借入れすることはできませんが、
これが唯一の解決策になるでしょう。

このページのトップヘ